スズキホリスティック

愛知県春日井市の鍼灸、整体院です。

首コリ、眼精疲労、目の奥の痛みへの鍼灸・整体治療

 VDT作業をされている方だけでなく、スマホ利用時間の増加により、首コリ+眼精疲労、目の奥の痛み、頭痛を訴えられることが増えています。

 これらの症状の治療には「後頭下筋群」がとても重要だと考えており、中でも目の上下への動きに関与する「大後頭直筋」と、左右への動きに関与する「下頭斜筋」は、特に重視しております。

 VDT作業、スマホタブレット)利用時にはこの目の動きが多く、必然的に後頭下筋群への負荷が増えます。また、後頭下筋群には筋紡錘が多く、ストレスにも敏感に反応します。

 後頭下筋群は、三叉神経第一枝の眼神経と脊髄内で連絡していますので、後頭下筋群の過緊張により、眼の奥の痛みを引き起こすことになりますし、後頭下筋群の近くを後頭部へ行く大・小後頭神経が通っていますので、この神経に負担がかかると、後頭部の頭痛を起こします。

 後頭下筋群は深層筋ですので、鍼以外では直接刺激することは難しく、鍼治療の独擅場となっています。

 大後頭直筋、下頭斜筋共に第2頚椎から始まりますので、第1,2頚椎の調整をしていきます。

 鍼灸・整体治療直後に効果は体感できます。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

 

緑内障の鍼灸・整体治療

 慢性の緑内障である開放隅角緑内障において、鍼灸治療を併せることによって、眼圧低下効果があります。薬での眼圧コントロールがうまくいかない場合には、鍼灸・整体治療を試してみると良いと思います。

 作用機序としては、シュレム管の開閉に自律神経が関与しており、鍼灸治療により自律神経の働きが改善されることが考えられます。

 週に2回、6週間ほどの治療が基本となります。

 緑内障の患者さんは月に1度眼科を受診される方が多く、眼科受診後に治療を開始し、次回の眼科受診時に眼圧低下が見られれば、治療回数を減らしていきます。

 緑内障の方が訴えられる、眼底痛、ドライアイ、眼精疲労に対しても鍼灸・整体治療はとても効果があります。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

脊柱管狭窄症の鍼灸・整体治療

 脊柱管狭窄症の治療を、鍼治療、ストレッチ(理学療法)、薬物療法の3つで比較し、どの治療が一番効果があるかを調べた論文(英語)がこちらにあります。

 直接ダウンロードされる場合はこちら

 結果は、鍼治療が一番効果があったということです。

 鍼治療、ストレッチ、薬物療法を併せた方が効果が高くなる結果も出ていますので、整形外科に通いながら、鍼治療を併せていくと良いと思います。

 また別の実験で、脊柱管狭窄により神経内の血管が圧迫され、血流が悪くなっている場所が、”膝下”にあるツボを鍼刺激をすると、神経内の血流が改善されることも分かりました。

 腰への鍼治療ではなく、患者さんの症状が出ている下肢に鍼治療することで、遠く離れた場所にそういった効果があることはとても興味深いと思います。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

片頭痛の鍼灸・整体治療

  1. 成人の1割弱(8%)が片頭痛あり。
  2. 女性に多く、男性の4倍を占めます。
  3. 女性の場合は、生理や排卵と関連していることがあります。
  4. 10代から発症し30代をピークに、高齢なるほど動脈硬化によって血管が拡張しにくくなり、減ってきます。
  5. 頻度は年に数回、月に1~2回、毎週という具合に繰り返し起こします。
  6. 頭痛の部位はコメカミや目の奥が多く、頭全体が痛む場合もあります。
  7. 片頭痛と書きますが、4割の方は左右が痛みます。
  8. 血管に関係した頭痛ですので、脈を打つような痛みを訴えることが多く、血液循環が良くなると、ひどくなります。
  9. 母親からの遺伝の影響を受けやすいです。
  10. 血管説(一番古い)〜片頭痛の前兆は脳血管の局所的な収縮による脳虚血、それに続く脳血管の過剰な拡張により拍動性頭痛が起こる。
  11. 神経説〜皮質拡延性抑制(CSD:cortical spreading depression)のような神経の活動性異常により頭痛が起こる。
  12. 神経血管説(三叉神経痛血管説)〜「何かの原因」により、三叉神経末端が刺激され、三叉神経末端から伝達物質の放出が起こり、硬膜や脳表血管の拡張とともに炎症が起こる(血管)。三叉神経末端の興奮が三叉神経核から脳幹へと伝達され(神経)頭痛が起きる。

 現在、片頭痛は12の神経血管説で説明されていますが、1番大事な「何かの原因」が分かっていません。ただCSDが関与していることは確かなようです。

 CSDが起きた場所には、30%近くの血流低下が起こると言われ、片頭痛発作を繰り返すことによって、脳への影響も考えられますので、発作を起こす回数を減らすことがとても大切になります。

 動物実験では、咬筋の”コリ”がCSD発生閾値を下げる(起しやすくする)ことが分かっています。逆に”コリ”を取り除けば、発生を抑えることが出来るということになります。

 実際、治療によって後頭下筋群、斜角筋、板状筋、咬筋などの”コリ”を取り除いてやると、片頭痛発作の回数は減っていきます。

 最初の1ヶ月を週に1回、2ヶ月目を2週間に1回、3ヶ月目に3〜4週間に1回という感じで治療を行うのが標準になり、2ヶ月目には発作の頻度、頭痛の強さが低下し始めると思います。

 お薬の服用には、副作用や、効かなくなる(薬が増える)、悪化するということもありますが、鍼灸、整体治療にはそういうことはありませんし、片頭痛にとても良く効きます。

 初診時に頭痛日記をつけて、お持ちになると良いでしょう。

 

春日井市の鍼灸院(はり 針)・整体院 スズキホリスティック

 

頭痛の鍼灸・整体治療

 原因となる疾患がなく、繰り返す頭痛を「一次性頭痛(慢性頭痛)」といいます。

 慢性頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛(群発頭痛を含む)、鎮痛薬の使い過ぎによる頭痛などがあります。

 緊張型頭痛

 緊張型頭痛とは首、肩、頭、背中の筋肉の緊張(コリ)によって、痛みを伝える神経が興奮し頭痛が起こると言われています。

 鍼灸・整体治療が最も得意とする疾患であり、即効性が認められます。

 痛みがある時に治療すれば、ほぼ痛みを取ることが出来ると思います。

 ただ痛みを取るだけでは薬と同じですので、頭痛をおこさないようにすることが重要になります。

 鍼灸治療

 身体全体の緊張状態を見極め、特に背部、頚肩部、頭部の筋肉を緩めていきます。私は咬筋群(噛む時に使う筋肉)が重要だと考えており、丁寧にポイントを探し、治療していきます。

 ストレートネックがある場合には、後頚部のトリガーポイントを中心に治療していきます。

 整体治療

 姿勢矯正〜ストレートネックが引き金になることが多いと思いますが、円背があれば、それに伴って頚椎の過前弯が引き起こされますので、調整をしていきます。

 片頭痛

 脳が刺激を受け、脳の血管周りの三叉神経周囲に炎症がおこったり、血管が拡張することによって頭痛が起こると言われています。

 片頭痛発作を起こしている時には、色々な刺激に対して敏感に反応しますので、緊張型頭痛ほど鍼灸・整体治療での即効性は期待できません。

 近年病院においては、トリプタンの服用を盛んに勧めらています。

 トリプタンは片頭痛の原因である脳血管の炎症を抑えたり、血管拡張を抑制する作用があり、確かに効果があるようです。

 ですが、原因といわれる炎症や血管拡張の原因は謎のままであり、やはり対症療法であることには変わりはないと思います。

 3割程の方はトリプタン服用で治ると言われていますが、逆に3割の方は悪化し、慢性化するとも言われます。

 鍼灸治療

  身体全体の緊張状態を緩めながら、咬筋群や後頚部のトリガーポイントをしっかりと治療していきます。

 整体治療

  円背、ストレートネックがあれば調整していきます。 

 片頭痛の場合には特に生活習慣を細かく問診し、改善案を指示しております。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

来院されている方は?

 先日、来院されている患者さんの平均年齢は何歳ですか?と聞かれましたので、久しぶりに調べてみました。こちらのデータは15年以上前のものになります(この時は平均年齢を出してないようです)。

 現在の平均年齢は54.8歳でした。

 年齢構成比は10代〜2%、20代〜5%、30代〜12%、40代〜28%、50代〜19%、60代〜8%、70代〜18%、80代〜8%です。

 以前に比べ、大分構成比が変わっているようです。

f:id:suzukiholistic:20170906072318p:plain

 男女比は男性38%、女性62%です。こちらは全く変化なし。

f:id:suzukiholistic:20170906072329p:plain

 また時間が取れれば、主訴の構成比も調べてみたいと思います。

 

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

 

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)、オスグット・シュラッター病の鍼灸・整体治療

 ジャンパー膝はバスケットボールやバレーボールのように、頻繁にジャンプ動作を繰り返すスポーツや長距離走、サッカー、テニスなどで、膝を伸ばす動きに負担がかかり過ぎることによって、膝蓋靭帯や筋肉が骨に付着する部分に微小断裂をおこし、痛みを訴えます。

 痛みの場所は下の3カ所になります。

 Aの部分は大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)と膝蓋骨(おさら)の境界

 Bの部分は膝蓋骨と膝蓋靭帯の境界

 Cの脛骨粗面(膝蓋靭帯付着部)

 Bで痛みを訴える割合が7割あり、場所から膝蓋靭帯炎とも言われます。

 

f:id:suzukiholistic:20170314092448p:plain

 ジャンパー膝の症状分類

 1. スポーツ活動後に痛み、活動中は痛みがない

 2. スポーツ活動中と活動後に痛みはあるが、プレーには問題ない

 3. 痛みが常時あり、プレーにも支障をきたす

 4. 膝蓋靭帯付着部の断裂

 ジャンパー膝の検査

 1. 膝屈曲テスト〜伏臥位にて、踵をおしりに付けようとすると、太もも前面に突っ張り感を訴え、尻上がり現象がでる。

 2. 椅子に座って、膝を伸ばす動きに抵抗を加えると痛みがでる。

 

 オスグット・シュラッター病はCの脛骨粗面に痛みが出ます。発症年齢にズレはありますが、原因はジャンパー膝と同じと考えて問題ないと思います。

 

 ジャンパー膝、オスグット・シュラッター病の治療

 症状分類の1,2では、スポーツを少しセーブしながら治療をしていきます。

 大腿四頭筋を緩めることを主眼として鍼灸治療をおこなっていきます。整体治療では骨盤の傾きを修正し(骨盤(上後腸骨棘)が下がっている方の脚から、痛みが始まることが多い)、大腿四頭筋に関係する腰椎の調整をします。

 自宅ではスポーツ後のアイシングやストレッチが有効です。

 症状分類の3では、スポーツを休止した方が良いと思います。治療方法は上記と同じです。

 ジャンパー膝、オスグット・シュラッター病を発症し易いスポーツをされている方は、膝屈曲テスト(大腿四頭筋のストレッチ姿勢)をご自分で行い、お尻に踵が抵抗なく付く状態をキープするように心がけましょう。

 

 春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

腰椎分離症の鍼灸・整体治療

 腰椎分離症は上下関節突起間(図の黄色の部分)で骨の連続性が断たれた状態です。

f:id:suzukiholistic:20170303092005p:plain

 原因は「疲労骨折」と言われており、14歳をピークに12~17歳で90%を占めています。身体を反らせたり、回旋する動きが繰り返されるスポーツをしている方にみられます。

 多くの方が身体を後ろに反らせると、腰の下の方が痛いという訴えで来院されます。

 病院を受診されていない状態で来院された時には、腰椎分離症の可能性をお話した上で、鍼灸・整体治療をしていきますが、上記の年齢帯でスポーツを熱心にやられている患者さんには、「骨融合」へのタイミングを逃さない為にも、病院への受診をお勧めしています。

 レントゲン検査では、分離しているかどうかしか分かりませんので、MRI検査も受けた方が良いでしょう。

 両方の検査で異常がないのがベストですが、もし異常が見つかるなら....レントゲン検査で異常がなく、MRI検査で異常が見つかるのが理想です。

 この状態であれば、骨融合を目指せます。

 数ヶ月スポーツを休むことになりますが、分離が完成してしまってからでは後戻り出来ませんし、腰椎分離症から腰椎分離すべり症への移行の可能性を考えると、やむをえません。

 レントゲン、MRI検査共に問題なければ、通常の鍼灸・整体治療をおこないます。

 レントゲンに問題無く、MRIで異常が見つかった場合、鍼治療では骨融合を促すように局所治療をし、整体治療では上部腰椎の調整をしていきます。

 レントゲン検査で分離が認められた場合には、本人の痛みを取ることを優先した治療をおこないます。 分離すべり症に移行してしまわないように、日常の注意や筋肉トレーニングを指導していきます。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

不安障害(パニック障害。全般性不安障害)の鍼(はり)灸・整体治療

 不安障害という大きなくくりの中に、「パニック障害」「全般性不安障害」「恐怖症(閉所恐怖症、高所恐怖症等)などがあります。最近は不安症とも言われます。

 

 不安障害(不安症)に対する鍼灸治療は鬱病とほぼ同じになります。

 不安感が強い方は、全身の筋肉が緊張していることが多く、特に頚肩部はコリが強くなりますので、それらを緩める治療をしていきながら、全身調整をします。

 

 当院での全身治療の治療時間は1時間程になります。この1時間で鍼灸・整体治療だけではなく、カウンセリングの手法や認知行動療法を取り入れながら治療しております。

 天柱、肩井、厥陰兪、肝兪、腎兪、百会、印堂、膻中、合谷、内関、中脘、関元、足三里、太衝というツボを組み合わせて使っていきます。

 

 「内関」、「合谷」というツボは手にあり、押さえやすいので、不安感がある時に押すと良いと思います。

 

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック

スポーツ外傷とスポーツ障害に対する鍼灸・整体治療

 スポーツ外傷とスポーツ障害

 スポーツ外傷とは、衝突、転倒などの外力による怪我で、打撲、挫傷、捻挫、骨折、筋腱損傷等。

 スポーツ障害とは、繰り返しのストレスによっておこるものであるが、年齢、体力、技術、経験などの個人的な要因による部分が大きい。局所的には筋肉や腱などの軟部組織の浮腫や炎症、変性、軟骨の摩耗、骨棘形成などの変化。

 病名としては、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、ジャンパー膝、アキレス腱炎、足底筋膜炎腰椎分離症などがある。

 

 スポーツ外傷・障害に対する鍼灸、整体治療は以下を目的とする。

 1.スポーツ外傷・障害の治療

 2.コンディション調整(疲労、筋肉痛の早期回復)

 3.パフォーマンスの向上

  打撲や捻挫治療に鍼灸?と思われるかも知れませんが、鍼灸には炎症を抑える効果、鎮痛効果がありますので、鍼灸治療を加えると回復が早くなります。 試合が近いなど場合には、病院等の治療と併せて鍼灸治療をしていくと良いと思います。

 鍼治療は鎮痛効果がとてもありますが、ただ単に「痛み」を取るのではなく、

 1.なぜ痛み(障害)を起こしているのか?

 2.再発防止には何をしたら良いのか?

 を考えるのが大切です。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック