読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキホリスティック

愛知県春日井市の鍼灸、整体院です。

背骨をボキッと鳴らすと

 背骨は前後にわん曲しています。この背骨を「ボキボキッ」とするとどうなるかを首の骨で説明していきます。

  首は7個の骨から出来ていますが、これを仮に10個の骨(10個の関節)で出来ているとしますと、首を曲げる動作の場合には、この10個の骨が「1」づつの動きをして全体として首を曲げるという動作をしていることになります。

 ところが実際は首の骨が前へのわん曲を持っていますので、わん曲の頂点である背骨(真ん中あたりの背骨)がよく動くことになります。

 曲がった針金を動かす時、曲がっている所しか動かないのと同じです。

 ですからご自分で首を「ボキボキッ」とさせる場合には、この真ん中の辺りの関節を鳴らしている事になるのです。

 関節を頻繁に「ボキボキッ」とすると、徐々に関節がゆるくなってきます。

 するとこの真ん中辺りの関節は、普段でもよく動く関節なのによりいっそうよく動く(ゆるい)関節になってしまいます。

 これを先ほどの10個の骨の考え方に当てはめると、真ん中辺りの関節3つが本来なら「3」の動きをすれば良いのに、「5」~「7」という動きをする様になるのです。この真ん中辺りの関節には、動き過ぎる事による弊害(関節の変形、背骨同士の隙間が狭くなる)が出てきますし、この3つの関節が「6」の動きをしたとすると、他の7個の関節は7個で「4」の動きをすれば良い事になってしまいますので、徐々に首の上の方と下の方の関節は硬くなってしまうのです。

 そもそも背骨を「ボキボキッ」っとするとなぜ楽になるのでしょうか?  背骨の中には脳から出てきた神経の束が入っていまして、その束から分かれた神経が背骨と背骨の間の「神経の出口」から出てきます。

 

f:id:suzukiholistic:20160806140326g:plain

 

 

 この神経の出口から出てきた神経が「筋肉・血管・内臓等」に分布するのですが、この神経が「ボキボキッ」っとされた時に背骨と背骨の間が広がる(正常可動域を超える)ことによって活性化すると言われています。

 この神経の活性化がコリを生じていた筋肉を緩め、血液循環が改善されることによって、楽になったり、スッキリした感じがするのです。

 首を「ボキボキ」とする人たちは、首の真ん中辺りの関節が一時的に大きく動かされるので、その辺りの背骨の間から出てくる神経の支配領域の環境が改善される事が考えられます。

 ところが、「ボキボキ」とすればするだけ他の関節が硬く、動きにくくなる為、その硬くなった関節から出てくる神経の働きが悪くなってしまいます。

 首の場合ですと、首の上の方と下の方から出る神経の働きが悪くなるのです。

 ですから首を「ボキボキ」する方は後頚部、後頭部、背部、腕の症状が悪くなる傾向があります。

 また交通事故で追突された時に関節が緩い分だけ、むち打ち症状がひどくなることがあります。

 こういった方々の治療は動きの悪い関節の動きをつける事と共に、動きすぎている関節(ボキボキッしている関節)をこれ以上動きすぎないようにすることがが大事になります。

 ですからご本人も「ボキボキ」をしないように努力しましょう! 3ヶ月程鳴らさないように我慢すれば、鳴らなくなってきます。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック