スズキホリスティック

愛知県春日井市の鍼灸、整体院です。

胸椎椎間関節症 肋間神経痛

  • 胸椎椎間関節症 

 胸椎椎間関節症は読んで字のごとく、胸椎の関節に問題が有る病気になります。

 症状としまして、背中のコリ、肩甲骨辺りのコリ、痛み、上を向くと背中が痛い(下を向くと痛い時もあります。)、身体を反らせると背中が痛い、咳、くしゃみで背中の痛み、肋間神経痛、胸の痛み、動悸、息苦しい、深呼吸出来ないなど。

 「胸椎椎間関節症」の原因によく猫背と書いてありますが、私は逆にストレートバック(胸椎の前弯)が前提で発症する病気だと考えています。

 ストレートバックでは、本来後弯(後ろのカーブ)である胸椎が前弯していることによって、椎間関節に負担がかかった状態が続いています。その状態が前提で、何かの拍子に痛めてしまうのが「胸椎椎間関節症」だと思います。

 椎間関節の滑膜層や関節包は知覚神経に富んでいる為、ストレートバックにより関節に負荷がかかれば炎症反応を呈し、関節そのものの痛みとして感じます。また関節周囲の筋肉のスパズムを起こすことによって、背骨周囲の多裂筋・長短回旋筋・半棘筋等の痛みを訴えます。

 前弯がある為に筋肉が緊張するのか、筋緊張によって前弯が強くなるのかは分かりませんが、両方が絡み合い、負のスパイラルに陥ります。

 また、神経の出口が狭くなることにより、肋間神経痛や胸部の痛みなどの神経症状を伴なうこともあります。

  • 肋間神経痛

 肋間神経痛は肋骨に沿って走る肋間神経が痛む疾患です。背中から胸の前にかけて帯状に痛むのが特徴です。原因がハッキリしている場合には、症候性肋間神経痛、原因不明の場合には特発性肋間神経痛といいます。

 症候性肋間神経痛には帯状疱疹後の後遺症、圧迫骨折等があります。

 特発性肋間神経痛には私の経験上、ほとんど場合ストレートバックが絡み、左側の症状を訴える患者さんが多い印象です。

 

f:id:suzukiholistic:20160810093250p:plain

 

 胸椎椎間関節症の治療は、整体の手技で胸椎前弯部を後ろに出し、鍼で筋肉を緩めれば、症状の割には治療効果はとても高く、ほとんどの方は1回で良くなります。

 治療後はストレートバックを改善するストレッチをして頂きます。

 

 特発性肋間神経痛の治療は、胸椎椎間関節症とほぼ同じになりますが、3回位の治療が必要になると思います(他の神経痛と比べ、とても早く治ります。)

 帯状疱疹後の後遺症である肋間神経痛は、とても良くなる場合と、難治性の場合があり、これくらいで治りますとは言えません。

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック