読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキホリスティック

愛知県春日井市の鍼灸、整体院です。

腰痛症 椎間関節性腰痛

 「腰椎椎間関節性腰痛症」について

 腰椎の関節面は下の写真の様にほぼ縦になっている為、腰の骨は前後によく曲がりますが、横へ倒したり、回したりするのは不得意な構造となっています。

 

f:id:suzukiholistic:20160810104523p:plain

 

 不意な動き等により、椎間関節の関節包や滑膜が傷つくことにより受傷します。

 身体を前に曲げる時には椎間関節は広がりますので、椎間関節への負荷はあまりありません。椎間関節を傷める時は、身体を後ろに曲げた時と、前に曲げた状態から身体を起こす時が考えられます。

 一概には言えませんが、身体を前に曲げた時に傷めるのは筋筋膜性腰痛、身体を反らせた時、起こす時に傷めるのが椎間関節性腰痛となります。

 椎間関節の滑膜層、関節包は知覚神経に富んでいます。滑膜の炎症反応は滑膜層の腫脹と充血を起こします。それにより椎間関節を支配している脊髄神経後枝内側枝が興奮し、同じく脊髄神経後枝内側枝が支配している背骨周辺の多裂筋、回旋筋、半棘筋に痛みや筋緊張を起こすことになります。

 脊髄神経後枝外側枝に影響が出始めると、痛めている椎間関節から斜め下の方向(臀部、大腿部など)に痛みが放散し始めます。

 

 腰椎の正常カーブは前弯となります。

 右の写真のように過前弯(カーブが強すぎる)になりますと、腰椎の関節に負荷がかかり続けることになってしまいます。 過前弯はお腹が出るような太り方をしたり、女性の方ではハイヒールの常用、産後に妊娠中の姿勢が戻らない時などで起こします。

 これによって関節の変性を起こし、慢性の椎間関節性腰痛になります。

 

f:id:suzukiholistic:20160810112434p:plainf:id:suzukiholistic:20160810112716p:plain

 鍼治療は、椎間関節周囲への刺鍼以外、筋筋膜性腰痛とほぼ同じ治療法となります。整体治療は胸椎の調整をし、バランスを変えることにより腰椎椎間関節への負担を軽減します。

 急性の椎間関節性腰痛は概ね数日から1週間ほどの治療で良くなります。

 

 

春日井市の鍼灸(はり 針)院・整体院 スズキホリスティック